青汁の選び方

青汁はとにかく長く続けることが大切です。

続けやすさとは飲みやすさや携帯性、保存性、手間なども大切な要素です。続けやすさをモニタリングした結果がサイトで紹介されています。

やずや「養生青汁 粒タイプ」
一杯あたり219円。国産の無農薬栽培の大麦若葉が原材料で、とにかく飲みやすい粒タイプなので携帯にもとても便利です。

ファンケル「本搾り青汁 プレミアム冷凍 冷凍タイプ」
一杯あたり135円。主原料がケールですが、ケール特有の苦い風味が少なく、冷凍だからか搾りたてのフレッシュな飲み心地です。冷凍なので保存性に富み口当たりも爽やか。

キューサイ「粒青汁」
一杯あたり326円。農薬や化学肥料不使用のケールが主原料です。クセのあるケールを粒タイプにして飲みやすくしました。値段が高めですが、携帯用に購入するという人もいるようです。

マイケア「ふるさと青汁」
一杯あたり149円。主原料は明日葉。細かい粉末で水に溶けやすいのが特徴です。
明日葉はケールより栄養素が高いといわれ、葉や茎、根っこまで使用しています。成分のカルコンはポリフェノールの一種で希少な栄養成分です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

青汁どう選ぶ?価格で選ぶ?続けやすさで選ぶ? is powered by Wordpress | WordPress Themes