青汁の選び方

その後リバウンドはしてませんか?

置き換えダイエットを頑張りました、減量に成功しました!という人は多いでしょう。でもその後リバウンドはしてませんか?
問題はダイエットして痩せたその後なのです。ダイエットした体型を維持できていることが、本当のダイエット成功といえるのです。
置き換えダイエットした体型を維持するための4つのポイントを知って、それを実践すれば、リバウンドすることはないでしょう。

1.適度な運動を続ける
代謝をアップさせることでリバウンドを防ぐことができます。そのためには運動をして筋肉をつけることが大切です。筋肉がつけば太りにくい体質になります。

2.徐々に通常の食事量に戻す
置き換えダイエット中は、体の代謝が鈍くなっています。なので、食べ物を入れれば即脂肪になる準備ができているようなものです。せっかく痩せたのに元の食生活をすぐ始めるとすぐリバウンドしてしまいます。
低カロリーで消化のよいものから始めてゆっくりと従来の食事に戻してください。

3.カロリーを気にする
太っていたということは、高カロリーの食品を多く摂っていたという言い方にもなります。元の食生活を改善することが今の体型を保つ最もベターな方法です。今度はカロリーを意識した食生活をしましょう。

4.栄養バランスに気を付ける
食生活を改善するということは、食べる食品の内容にも気を配るということです。低カロリーであっても食べる量が少なくても栄養が偏っていてはまた太りやすい体質へと戻ってしまう可能性があります。
栄養バランスを意識した食生活を心がけてください。

体を鍛えるのが好きな人

スポーツをやっていたり、体を鍛えるのが好きな人が
よく使っているのがクレアチンのようです。

これは、筋肉をつけることもできますし、
筋肥大の効果が実際にあるようなので、
トレーニングをしている人は、
大抵は使っています。

この効果としてはすぐにはでてこずに、
最低でも1週間は続けることとが大事なようです。

特に体の筋肉を鍛えるために限界まで
しっかりと鍛え上げている人に本当に効果があるようで、
トレーニングを真剣に行っている人には
本当に大事なもののようです。

そのため、体を鍛え上げている人には
いいのですが、あまりそこまでの真剣さで体を鍛えていない人には、
それほど効果はないようで、
ちょっとした運動のためだけではあまり意味がないようです。

筋肉がムキムキのような体を作りたい人にとっては、
重要なものですね。
毎日に健康のために運動する程度だとそれほど
必要ではありませんね。

 

トレーニングをして、どんどんと筋肉をつけていくにも、
効果的な成分を摂取していけるといいです。

それがクレアチンですが、これはどんな時に飲んだらいいのでしょうか。
サプリメントはいつ飲むかによって違ってきます。

そのため、サプリメントの成分の性質を知っておくことが必要ですね。
例えば、ビタミンCは、壊れやすくなかなか長時間は
体にとどまってはくれません。

摂取してもすぐに排出されたり、
ビタミンCはデリケートです。
数時間しか体にとどまれないようです。

このような性質もあるので、栄養成分をいつとるかは重要です。
このクレアチンはどうでしょうか。

この成分は一度摂取するとしばらくは体に残ってくれるようです。
そのため、1日の内でいつ飲んでもいいようです。

朝飲んでもいいですし、夜飲んでもいいですね。
飲みたいときに、ちゃんと飲んでおいて、
役立てたいですね。

口コミサイトやランキングサイトを参考に

近年いろんな青汁が製造販売されています。どれを選んで飲めばいいものか、迷ってしまうくらいです。自分に一番合う青汁を選ぶたあめに、口コミサイトやランキングサイトを参考にするといいでしょう。サイトには価格、効能などが載っていますから、大いに参考にするといいでしょう。以下はサイトで紹介されている青汁の一部です。参考にしてみてください。
「ユーレグナ・ファーム」・・・ミドリムシという名の海藻を含有している青汁。
主原料の明日葉、大麦若葉、ミドリムシの相乗効果が
特徴です。1杯当たり150円。
「えがお」・・・・・・・・・・
1杯当たり100円の安価な青汁。飲みやすさが特徴であり、
ケールの他様々な植物を配合。

マイケア」・・・・・・・・・「ふるさと青汁」スティックタイプ。携行に便利です。原料は明日葉。八丈島で採れたものを使用。
豊富なポリフェノール含有。
これらは青汁の一部です。自分にあう青汁を見つけて長く飲み続けていきたいものです。

青汁は今、いろいろなメーカが製造販売しています。

いざ、飲み始めようとした時に、どれを選んでいいものか迷うほどです。最近はテレビCMやインターネットなどでも宣伝が良く行われていますね。選ぶのに迷った時には、インターネットのランキングサイトを利用して、参考にすると良いでしょう。ではランキング上位のものを紹介しましょう。
第1位・・・「えがお」の青汁。飲みやすさが特徴。
原料は大麦若葉。
カルシウム、マグネシウム、ビタミンDを配合。
第2位・・・「トウ・キューピー」の”元気な青汁”。
原材料はケール100%。錠剤タイプも用意されていますから、
青汁が飲みづらいかたにはおススメ。
価格は1日当たり66円。青汁の中で一番安い。
第3位・・・「美感青汁」。ジェル状の青汁。美容に重点を置いた青汁で、
コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、
ビタミンCなど美容効果の高い成分を含有。ジェル状ですから食べやすいとも言えますね。
第4位・・・「
ふるさと青汁」。原料は明日葉。
明日葉はデトックス効果が特徴。
むくみや肌荒れの改善が期待できる。
第5位・・・「ミドリムシ緑汁」
ミドリムシといってもワカメの一種です。
このようにランキングされています。注意したいのは、ランキングサイト自体が広告となっているサイトがありますから,サイトの情報を鵜呑みにしないようにしたいものですね。

 

青汁はとにかく長く続けることが大切です。

続けやすさとは飲みやすさや携帯性、保存性、手間なども大切な要素です。続けやすさをモニタリングした結果がサイトで紹介されています。

やずや「養生青汁 粒タイプ」
一杯あたり219円。国産の無農薬栽培の大麦若葉が原材料で、とにかく飲みやすい粒タイプなので携帯にもとても便利です。

ファンケル「本搾り青汁 プレミアム冷凍 冷凍タイプ」
一杯あたり135円。主原料がケールですが、ケール特有の苦い風味が少なく、冷凍だからか搾りたてのフレッシュな飲み心地です。冷凍なので保存性に富み口当たりも爽やか。

キューサイ「粒青汁」
一杯あたり326円。農薬や化学肥料不使用のケールが主原料です。クセのあるケールを粒タイプにして飲みやすくしました。値段が高めですが、携帯用に購入するという人もいるようです。

マイケア「ふるさと青汁」
一杯あたり149円。主原料は明日葉。細かい粉末で水に溶けやすいのが特徴です。
明日葉はケールより栄養素が高いといわれ、葉や茎、根っこまで使用しています。成分のカルコンはポリフェノールの一種で希少な栄養成分です。

健康に良いから続けたいと思っていても、値段が高いと途中リタイアということになってしまいます。

健康食品というのは続けなければ意味がないと言っても過言ではないのです。
ここでは青汁一杯がいくらになるかを示して、お買い得な青汁のご紹介をします。

一杯の価格は、通常販売価格に送料を足し、一回の摂取量で総容量を割って算出しています。
安いからと言って成分をごまかしたり、添加物が配合してあったりということでは決してありません。

山本芳翆園「還元力青汁」
一杯あたり105円。主原料は無農薬の大麦若葉です。着色料や保存料、香料は使用していません。緑茶を混ぜているので飲みやすくなっています。

やずや「養生青汁」
一杯あたり109円。主原料は大麦若葉で、約150種類の素材が配合されています。味や臭いにクセがなく飲みやすくなっています。

ダイレクトテレショップ「青汁三昧」
一杯あたり110円。主原料は大麦若葉です。飲みやすい抹茶風味です。定期購入でさらに安くなります。

アサヒ緑健「緑効青汁」
一杯あたり112円。主原料はケール。水に溶けやすく、粉っぽさが残らないのでどこでも簡単に飲むことができます。抹茶風味で飲みやすくしてあります。

美容に効果があると言われている「美力青汁」がリニューアルして販売されています。

リニューアルのきっかけはミッシーリストの女性社長が妊娠し、妊婦に必要な栄養素を青汁に摂りいれることを提案。美容家の高橋ミカさんとともに「美力青汁healthy」としてリニューアルをしたということです。

妊婦が特に多く必要としている葉酸を配合、便秘解消のための食物繊維も従来の3倍に増量。妊婦や赤ちゃんに必要なカルシウムやマグネシウムも配合しました。
葉酸の配合量が基準値をクリアしたということで、「栄養機能食品」として認定されました。

葉酸はビタミンBの仲間で、細胞分裂に欠かせない成分です。健康な血液を作る役割も担っていて造血のビタミンとも呼ばれています。葉酸が不足すると、貧血を起こしやすくなり、顔色が悪くなったり、肌荒れや口内炎、下痢などにもつながり、疲労や食欲不振にもなります。

葉酸は野菜、果物、卵などから摂りますが、熱に弱くまた長期保存による酸化で成分が破壊されることから普段の食事からは摂りにくい栄養素です。
健康や美容に関心のある方はもちろん、妊娠中の女性にとってもとてもうれしい補助食品です。

青汁で有名なのが「キューサイ」です。

何年か前に俳優の八名信夫さんのCMで、青汁をごくごく飲んで「まずい!もう一杯!」というのをよく見ました。これを見て青汁ってなに?といつも思っていたものです。
”良薬口に苦し”の時代だったので、よく売れたと聞いています。

この頃から青汁の効能が評価されるようになっていき、まずい青汁からおいしい青汁へと変化していったのです。当然おいしい方が売れますから、各社が飲みやすい青汁の開発にしのぎをけずり、今ではたくさんの飲みやすい青汁が出ています。

キューサイの青汁もだんだん飲みやすいものに変わって行きました。
国産ケール100%はそのままで、山田養蜂場のはちみつが加わって、はちみつ青汁となったのです。ほんのり甘くてとても飲みやすくなりました。今ではこちらの方が主流になっています。もちろんノーマルな青汁も健在です。

定期購入に申し込むと1回目には、おまけにもう1箱ついてきます。通常価格3,800円のところ定期購入なら3,420円で送料無料です。

 

青汁を健康と美容のために続けるためには、お値段や飲みやすさや効果などが重要なポイントになります。

ここでは、総合的に評価が高い青汁をご紹介します。

・サントリー極の青汁
主原料は国産の大麦若葉と明日葉。粉末タイプで、さらっとした口当たりが飲みやすいと評判です。
原材料にポリフェノールの一種「ケルセチンプラス」を加えることで、より健康維持パワーを高めています。
そして、飲みやすさを極めるために煎茶と抹茶を使用しています。
定期購入なら10%オフで送料無料です。

・えがおの青汁
美味しいというのが飲んだ時の最初の感想だというくらい飲みやすい青汁です。
無農薬で栽培された国産の大麦若葉と長命草が主原料で、発酵黒生姜も配合されています。長命草は沖縄 与那国島で採れる野菜で、各種ビタミンやミネラル、ポリフェノールを豊富に含み、島の元気な高齢者はみな食べていると言います。
今回だけのお届けは1箱3,150円。毎月のお届けは1箱2,709円。3ヶ月に1度のお届けは1箱2,583円とお得な購入方法が選べます。

・ステラの贅沢青汁
原材料が八女クロレラ、長命草、ケールなどで、粒状の青汁です。ビタミンやミネラル、必須アミノ酸を豊富に含んだ栄養価の高い青汁です。粒なのでサプリメント感覚で飲めます。舐めてもおいしいというほどの飲みやすさから、飲んだ人の満足度96%という高い評価を得ています。
定期購入は1箱2,980円という求めやすい価格です。特別モニターコースは1回目が980円で、2回目からは2,980円です。

青汁の中でも総合的に売れている商品があります。

味、価格、効能などを平均して人気のあるものをランキングしています。
ここでは通販における売れ筋ランキングをご紹介します。

1位:贅沢青汁
九州産のケール、福岡産八女クロレラ、与那国産長命草を主な成分とした粒状の青汁です。粒タイプなので飲みやすく携帯にも便利です。
お客様満足度96.4%という人気の高さです。リピータも多いということです。先着300名に限り80%オフセールを開催中です。

2位:えがおの青汁
ネットの口コミ人気ランキングでは1位となっています。
ケールより栄養価の高い明日葉を主原料として利用していて、子供でもおいしく飲める味を追求しています。粉タイプで、価格も約1ヶ月分で3,150円と抑えられています。

3位:やわたの美味しい青汁
国産の有機農法で作られた野菜だけを使用しているという安全性が人気の秘密です。
8種類の野菜を主原料に乳酸菌やオリゴ糖がプラスされていて、今話題の酵素も含まれているとあって女性の間で高い評価を得ています。青汁特有の青臭さや苦みもなく美味しいと評判です。

4位:マイケアふるさと青汁
国産の明日葉を主原料としていますが、その他の原料も全て国産なので安心です。
明日葉は八丈島産で、葉や茎だけではなく、滋養たっぷりの根っこまでも使用しています。明日葉の茎や根っこからカルコンという成分のネバネバした汁が出ますが、このカルコンは身体の巡りを良くし、老廃物をスムーズに排出してくれる働きがあります。

5位:青汁三昧
テレビコマーシャルでもよく見かける商品です。ケール・大麦若葉・ゴーヤを配合した3種類の栄養素が含まれています。おいしく、バランスのよい栄養価で、手ごろな価格というコンセプトどおり飲みやすい味で長く続けられそうです。国産の素材だけにこだわっているわけではないので、コストが安く抑えられています。定期購入にすると1袋、約50円と安価で手に入れることができます。

青汁の口コミ・効果

青汁どう選ぶ?価格で選ぶ?続けやすさで選ぶ? is powered by Wordpress | WordPress Themes